自己破産を考えているなら弁護士に相談【支払い義務がなくなる】

法的に支払いが免除

法律書

生活を再建させる

自己破産は、債務整理の手続きの中でも最終手段といわれています。多重債務者となり借金が返せない場合は、任意整理や特定調停、個人再生といった手段がありますが、これらの方法でも返していくのが難しい場合に選択する手続きです。しかし、誰でも自己破産をすることができるわけではなく要件があります。債務額、収入、所有している財産から見て支払い不能であると裁判所が認めた場合です。そのため住宅や土地を所有していれば競売にかけられ、そのお金を債権者に分配しなければならないので、手放すことになります。自己破産のメリットとしては、支払い不能つまり免責が認められれば借金の支払いが免除されるのです。財産を処分しなければならないといっても生活に必要な家具や家電、仕事上使う道具、99万円以下の現金は残したまま手続きができます。資格制限といって保険募集人や警備員の仕事に就くことはできませんが、元々その仕事をしていないそういった仕事に就くつもりがない人は関係がないです。もし、その仕事に就いていたとしても自己破産申し立ての手続きが開始決定されてから免責決定されるまでの期間です。一時的なものです。自己破産の手続きの流れとしては、弁護士に相談、正式に受任、利息制限法以下の金利に引き直し計算、申し立ての準備、裁判官と面接、破産手続開始決定、免責審尋、免責許可決定、免責許可決定確定といった流れになります。期間は、早くて3ヶ月長くて1年程度です。

Copyright© 2018 自己破産を考えているなら弁護士に相談【支払い義務がなくなる】 All Rights Reserved.