自己破産を考えているなら弁護士に相談【支払い義務がなくなる】

借金がチャラになる

弁護士

免責の条件とは

借金を返しても返してもクビがまわらない、返済をしているのは利息だけで、それだとその場しのぎなので一向に元金が減っていかないことになります。返済の充てが無い場合、視野にいれるのが債務整理です。債務整理をすることによって、借金が減額されたり帳消しにすることができるのです。弁護士に相談をすると、最初に行うことは債権者から取引履歴を取り寄せ過払い金を計算します。払い過ぎた利息があれば、その分を減額に充てることができるからです。しかし、計算したところ過払い金が発生していないと減額は難しくなります。任意整理で将来の利息はカットできますが、それでも返済が難しい場合自己破産を検討せざるをえなくなります。自己破産とは借金がチャラになる手続きです。自己破産をしたからといって誰もが借金がチャラになるわけではありませんが、最終的に裁判所から免責、借金の免除の認可を受けなければならないのです。そのため借金をたくさんして返せなくなったら自己破産すればいいやではなく、免責を受けるには条件があります。自己破産で免責を受けるための条件は、破産者が免責不許可事由に該当しないこと、債権が非免責債権に該当しないこと、この2点を満たす必要があります。免責不許可事由にあたるのは、借金の原因が賭博や浪費、射幸行為に当たる場合です。ギャンブルや不相応な高級品の購入をした場合に、免責が認められないことがあります。ただし、免責不可事由であっても裁判所が事情を考慮して免責認可の決定を下すことはあります。

Copyright© 2018 自己破産を考えているなら弁護士に相談【支払い義務がなくなる】 All Rights Reserved.