自己破産を考えているなら弁護士に相談【支払い義務がなくなる】

弁護士依頼のメリット

相談

迅速に対応し強気で交渉

債務整理の手続きで自己破産を選ぶメリットは、借金の支払いが全額免除になることです。免責が認められれば、毎月の給料のほとんどが借金の支払いに消えていったものが、そのまま自由に使うことができるので生活の足しにしてもよく精神的な余裕が生まれます。ところが、自己破産をするには弁護士費用が40万円〜60万円ほどかかるので高額なのです。そのため、弁護士を使わずに個人で行った方が費用がかからないメリットがあります。それでも自己破産は、弁護士に依頼して行うのが人気です。その理由としては、すでに自己破産を検討している方は借金を延滞中で遅延損害金だけでも借金が膨らんできています。そのため、毎日のように金融業者から督促の電話が鳴りやまないです。それば、弁護士に依頼をすると督促がピタッと止まるのです。弁護士が債権者と債務者との間に介入することで、債権者は直接取り立て行為ができなくなるのです。また書類の作成の代行です。自分で書類の準備や作成を行うと、記入ミスがあたりすると不備があれば提出のし直しです。それで時間がかかります。弁護士であればしっかりと書類を確認してから手続きを行います。そして履歴の開示です。債権者に自己破産したいと伝えると一括で請求されたり、過払い金が発生したとしてもそのことを債権者から伝えることはないです。自分で計算して主張しなければならないです。ただ計算してこれだけ過払いがあると伝えてもその法的根拠を述べなければならないです。弁護士であれば法律のプロですから、強気で手続きも迅速に対応します。弁護士費用が自己破産は高いといっても何百万円ある借金を数十万円費用で解決するのですからメリットが大きいです。

Copyright© 2018 自己破産を考えているなら弁護士に相談【支払い義務がなくなる】 All Rights Reserved.