自己破産を考えているなら弁護士に相談【支払い義務がなくなる】

人柄と専門性

法律書

自己破産をする場合、弁護士には借金の経緯や現在の収入など全て包み隠さず話す必要があります。その為何を話しても自分の味方になってくれると思える信頼できる弁護士を選ばなくてはいけません。また今までの実績を確認しておくことも大切です。

詳しく見る

法的に支払いが免除

法律書

債務整理の中で自己破産は最終手段といわれています。任意整理や個人再生でも生活再建が難しい場合に、とられる手続きであり支払い不能と裁判所に認めてもらうことで免責許可決定し、これまで抱えていた借金の支払いが法的に免除となります。

詳しく見る

弁護士依頼のメリット

相談

自己破産は、個人で行った方が費用はかかりませんが弁護士に依頼するメリットは、書類の作成や準備、債権者との交渉をすべて行う、個人だと債権者が対応に応じなかったり一括返済を要求、過払いも黙っているといったことがあります。弁護士に依頼すれば、法律のプロなので強気で交渉し迅速に解決します。

詳しく見る

借金がチャラになる

弁護士

借金が返済しても返済しても減っていかない、そういった時は債務整理を検討しなければなりませんが、その中で自己破産は借金がチャラになる手続きです。ただし、借金の支払いを免除するには裁判所に免責の認可決定が必要になります。

詳しく見る

弁護士が助ける借金問題

ジャッジガベル

弁護士のサポートを受けることで、多大な負担を負うことなく自己破産ができます。また、少額管財手続きが可能なため、ギャンブルや浪費で借金を抱えた方も自己破産が可能です。まずは法テラスに問い合わせ、ご自身に最適な弁護士を紹介してもらいましょう。

詳しく見る

生活再建をするためには

相談

返済義務がなくなる

債務整理といっても任意整理、個人再生(民事再生)、特定調停、自己破産などがありますが、借金の減額ができる手続きが多い中、自己破産に関しては借金を返済する義務が法的に免除される手続きなのです。破産申し立てが成立すれば、借金を支払わなくてもよくなるのです。それでは、借金を抱えていて返済をしたくないという人は債務整理の手続きで自己破産を選べば支払い義務がなくなるので皆この手続きをしてしまうことになります。しかし、自己破産のができるのは支払い不能といって今後の収入や財産を処分しても完済をすることが到底不可能であると認められないとできない手続きなのです。これを免責といいます。ただし、借金を作ってしまった原因がギャンブルや趣味・嗜好品の購入で膨れ上がって場合は、免責を受けることができないのです。自己破産をするには財産を処分しなければならないです。所有している財産があれば、裁判所が取り上げて売却しお金に換えて債権者に分配します。住宅や土地を所有している場合は、それらも売却することになります。ただし、処分されるといっても生活に必要な家具や家電、仕事に必要な道具、99万円以下の現金は残したまま手続きをすることができます。他にも資格制限といって保険の募集人や警備員といった一定の職業に就くことができない、官報に掲載されるデメリットがありますが、それらの職業に就いていない官報も一般の人は見ている方は少ないです。

Copyright© 2018 自己破産を考えているなら弁護士に相談【支払い義務がなくなる】 All Rights Reserved.